FP (ファイナンシャルプランナーによる家計のご相談)

相続 遺言 後見 松戸相談室

<住所>〒271-0075 千葉県松戸市胡録台38-10
<業務対象地域>松戸・柏・我孫子

047-369-0529

受付時間

9:00~18:00(土日祝要相談)

お気軽にお問合せください

①在留資格認定証明書について

ページ見出しを補足する文を書いてください(例:Welcome to Yamada Company)

外国人の在留許可
①在留資格認定証明書の交付申請について

 外国人を日本に呼ぶ場合は通常「在留資格認定証明書交付申請」を行います。この申請ができるのは、その来日予定の外国人です。しかし、外国人本人は通常外国にいるため、日本にいる関係者が代理人になって申請することが可能となっています。主に本人が所属する機関の職員、行政書士等が取次者になっています。しかし、取次ぐ時点で申請人、又は申請代理人が日本に在留している必要があります。申請代理人とは、申請という法律行為を委任されていて、申請取次者は在留資格認定証明書の交付申請を入国管理局へ提出代行する者です。

 

   (在留資格認定証明書の交付申請を代理人として申請できる人) 

           規則別表4

1.(在留資格=外交)a 本人又は本人と同一の世帯に属することとなる家族の構成員が構成員となる外交使節団、領事機関等の職員 b 本人と同一の世帯に属することとなる家族の構成員

2.(在留資格=公用)a 本人又は本人と同一の世帯に属することとなる家族の構成員が公務に従事する外国人政府又は国際機関の本邦駐在機関の職員 b 本人と同一の世帯に属することとなる家族の構成員

3.(在留資格=教授)a 本人が所属して教育を行うこととなる本邦の機関の職員

4.(在留資格=芸術)a 本人と契約を結んだ本邦の機関又は本人が所属して芸術上の活動を行うこととなる本邦の機関の職員

5.(在留資格=宗教)a 本人を派遣する外国の宗教団体の支部その他の本邦にある関係宗教団体の職員

6.(在留資格=報道)a 本人と契約を結んだ外国の報道機関の本邦駐在機関又は本人が所属して報道上の活動を行うこととなる本邦の機関の職員

7.(在留資格=投資・経営)a 本人が経営を行い又は管理に従事する事業の本邦事業所の職員

8.(在留資格=法律・会計業務a 本人が契約を結んだ本邦の機関の職員又は本人が所属して法律・会計業務を行うこととなる機関の職員

9.(在留資格=医療)a 本人が契約を結んだ本邦の医療機関又は本人が所属して医療業務を行うこととなる本邦の医療機関の職員

10.(在留資格=研究)a 本人と契約を結んだ本邦の機関の職員 b 本人が契約を結んだ本邦の機関の職員

c 本人が転勤する本邦の事業所の職員

11.(在留資格=教育)a 本人が所属して教育を行うこととなる本邦の機関の職員

12.(在留資格=技術)a 本人と契約を結んだ本邦の機関の職員

13.(在留資格=技術・人文知識・国際業務)a 本人と契約を結んだ本邦の機関の職員

14.(在留資格=企業内転勤)a 本人が転勤する本邦の事業所の職員

15.(在留資格=興行)a 契約機関(契約期間がないときは、本人を招へいする本邦の機関)又は本人が所属して芸能活動を行うこととなる本邦の機関の職員

16.(在留資格=技能実習)a 法別表第一の二の表の技術実習の項の下欄第一号イに掲げる活動を行おうとする場合、実習実施機関の職員 b 法別表第一の二の表の技能実習の項の下欄第一号ロに掲げる活動を行おうとする場合 管理団体の職員

17.(在留資格=文化活動)a 本人が所属して学術上又は芸術上の活動を行うこととなる本邦の機関の職員 b 本人を指導する専門家 c 本邦に居住する本人の親族 

18.(在留資格=留学)a 本人が教育を受ける本邦の機関の職員  本人が基準省令の留学の項の下欄第一号イ又はロに該当する活動を行う場合は、次に掲げる者 ア. 本人に対して奨学金を支給する機関その他の本人の学費又は滞在費を支弁する機関の職員 イ.本人の学費又は滞在費を支弁する者 ウ.本邦に居住する本人の親族 c 本人が基準省令の留学の項の下欄第一号ハに該当する活動を行う場合は、次に掲げる者 ア.本人が交換学生である場合における学生交換計画を策定した機関の職員 イ.本人が高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)において教育を受けようとする場合にあっては本邦に居住する本人の親族

19.(在留資格=研修)a 受け入れ機関の職員

20.(在留資格=家族滞在)a 本邦において本人を扶養することとなる者又は本邦に居住する本人の親族 b 本人を扶養する者の在留資格認定証明書の交付の申請の代理人となっている者

21.(在留資格=特定活動)a 法別表第一の五の表の下欄(イに係る部分に限る。)に掲げる活動を行おうとする場合 本人と契約を結んだ本邦の機関の職員又は本人が経営する事業に係る本邦事業所の職員 b 法別表第一の五の表の下欄(ロに係る部分に限る。)に掲げる活動を行おうとする場合 本人と契約を結んだ本邦の機関の職員 c 法別表第一の五の表の下欄(ハに係る部分に限る。)に掲げる活動を行おうとするばあい本邦において本人を扶養することとなる者若しくは本邦に居住する本人の親族又は本人を扶養する者の在留資格認定証明書の交付の申請の代理人となっている者  法別表第一の五の表の下欄(二に係る部分に限る。)に掲げる活動を行おうとする場合、 本人が所属して法務大臣が指定した活動を行うこととなる機関の職員、本人を雇用する者又は法務大臣が指定する活動に即して法務大臣が告示をもって定める者

22.(在留資格=日本人の配偶者)a 本邦に居住する本人の親族

23.(在留資格=永住者の配偶者)a 本邦に居住する本人の親族

24.  (在留資格=定住者)a 本邦に居住する本人の親族

 

 ●補足例示

1.通常、日本人である関係者(配偶者・親族・所属機関の職員等)が本邦にいることが多いため、その者が申請代理人となるのが一般的です。

2.日本人である関係者(配偶者・親族・所属機関の職員等)、外国人である関係者(配偶者・親族・所属機関の職員等)とも日本以外に住んでいるケースもあります。その場合、申請代理人になってくれる親族が本邦にいればよいのですが、どうしてもいない時は、日本人である関係者(配偶者・親族・所属機関の職員等)や外国人である本人に一時的に来日してもらうしかありません。行政書士が申請を取次ぐ時点で申請人本人又は申請代理人が日本に在留している必要があります。

3.本邦に上陸しようとする外国人自身が申請を行うのは、在留資格「短期滞在」など他の在留資格で申請時に在留しているような場合です。

4.「短期滞在」などで本人が在留している場合で、在留資格変更許可申請を行う場合は、地方入国管理局長から申請取次の承認を受け、かつ、申請人を雇用する機関の職員が申請を取り次いで行うことが可能です。

5.外国人を雇用する機関の職員が在留資格認定証明書交付申請や在留資格変更許可申請をする場合の申請先は所在地を管轄する地方入国管理官署で申請を行う。なお、郵送での申請は受け付けていません。出向く必要があります。

6.在留資格認定証明書を紛失した場合は再発行できません。再度、在留資格認定証明書交付申請を行ってください。

 

 

●もう一度、ご覧になるには、下記をクリックしてください。

ご相談予約は下記へ

お気軽にお問合せ下さい。

047-369-0529

080-1094-7642

お問合せフォームはこちら

事務所地図

車1台分おけます。事前にご連絡ください。

松戸柏遺言・相続相談室
川田行政書士事務所

住所

〒271-0075
千葉県松戸市胡録台38-10

新京成線「上本郷」駅 徒歩5分
常磐線「松戸」駅 徒歩17分

アクセスマップはこちら

受付時間

9:00~18:00(土日祝要相談)

双方の都合があえば、土日祭日でも予約できます。

ご依頼方法はこちら

業務対象区域

<千葉県>
松戸市、柏市、我孫子市、
野田市、流山市、鎌ヶ谷市、市川、船橋

<東京都>
台東区、荒川区、足立区、
葛飾区、その他23区内対応

<神奈川県>
横浜市、川崎市

<埼玉県>
さいたま市、草加市、
三郷市、川越市

事務所概要はこちら

成年後見セミナー
遺言相続相談会

松戸市勤労会館にて。
定期的に開催してます。
お問合せください。

相談会のお知らせはこちら