川田行政書士事務所です。公正証書遺言・自筆証書遺言・相続手続・外国人の就労ビザ(企業内転勤・技術・貿易業務・国際業務ビザ・永住許可)・株式会社設立・合同会社設立のサポートはお任せください。(千葉県松戸市・東京都・埼玉県を対応地域としております。)

 川田行政書士事務所|ファイナンシャルプランナー事務所
 遺言 相続 後見 松戸柏 相談室   

<住所>〒271-0075 千葉県松戸市胡録台38-10
<業務対象地域>千葉県:松戸・柏・我孫子・流山
        東京都・埼玉県

 

047-369-0529

受付時間

9:00~18:00
土日祝は事前予約でご相談できます。

お気軽にお問合せ
ください

再入国とみなし再入国許可|千葉県

「再入国許可」と「みなし再入国許可」

日本に在留する外国人は、いったん日本から出国すれば、その時点でその有する在留資格及び在留期間は消滅します。そのため、再び日本に入国しようとする場合には、本来、入国にあたり、査証を取得するほか、所定の上陸手続を経て上陸許可を受ける必要があります。

しかし、一時的に出国するような場合にも新規に入国する場合と同じ上陸手続が必要であるとすると、当該外国人に著しい不便を強いることになり、また、行政事務の負担にもなります。そこで、再入国制度が設けられています。

 

●再入国の許可(通常)

1.出国前に再入国の許可を受けた外国人は、上陸の申請に当たり通常必要とされる査証が免除され、改めて在留資格及び在留期間の決定を受けることなく、簡便な上陸審査手続により上陸許可を受けて上陸することができ、上陸後は出国前の在留が継続しているものとして扱われます。
2.当該許可が効力を生ずるものとされた日から5年超えない範囲内においてその有効期間を定めるものと規定しています。特別永住者の場合は、再入国の許可の有効期間の特例があり、当該許可が効力を生ずるものとされた日から6年超えない範囲内においてその有効期間を定めるものとされています。
3.入国審査官は、本邦に上陸しようとする外国人から上陸の審査があったときは、以下の上陸のための条件に適合しているかどうかを審査しなければなりません。この点、再入国の許可を受けている者のみが上陸のための条件となります。

旅券と査証(査証を必要とする場合)の有効性

②活動内容の真実性、在留資格該当性、上陸許可基準適合性

③在留期間の適合性

上陸拒否事由の非該当性

4.再入国許可には、2種類あります。

①1回限り⇒1回の出入国に限り、再入国が許可されるものです。

②数次再入国許可⇒許可期間中であれば、何度でも再入国ができるものです。

5.再入国の手続き・手数料

①申請人の住所地を管轄する入国管理局で行います。

②手数料は、収入印紙を添付して支払います。

 ・1回限り3,000円  ・数次再入国許可6,000円です。

※なお、再入国許可は申請した当日に許可されます。

 

●みなし再入国許可

1.みなし再入国許可の有効期限

「みなし再入国許可」に該当する外国人は、有効期限が3か月以下の在留資格以外及び「短期滞在以外の在留資格を持っており、なおかつ日本を出国してから1年以内に再入国する人です。

なお、特別永住者の有効期限は2年です。

出国の日から1年(在留期間の満了日の日が出国日から1年を経過する日前に到来する場合には、在留期間の満了日までの期間)となります。それまでに再入国しない場合は、新規に入国する場合と同じ上陸手続が必要となります。

2.みなし再入国許可の対象とならない者

在留資格取消手続中の者

出国確認の留保対象者

収容令書の発付を受けている者

難民認定申請中の「特定活動」の在留資格をもって在留する者

日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあることその他の出入国の公正な管理のため再入国の許可を要すると認めるに足りる相当の理由があるものとして法務大臣が認定する者

3.みなし再入国許可の「有効期限の延長はできません」

みなし再入国許可の場合、有効期限の延長はできません

(通常の再入国許可)の場合は延長できる場合があります。再入国することができない相当の理由があると認めるときは、その者の申請に基づき、1年を超えずかつ当該許可が効力を生じた日から6年を超えない範囲内で、当該許可の有効期間の延長の許可をすることができるとなっています。

1年以内に再入国できないおそれがある場合は、通常の再入国許可を取得して出国すれば安心です。

4.みなし再入国許可で出国するとき

みなし再入国許可は、出国審査時に空港(海港)などで行われます。申請は本人が行い、手数料は不要です。

出国審査の前に、再入国出国記録再入国EDカード)を空港(海港)などで受け取り、この「再入国出国記録」に必要な事項を記入します。

出国審査の際に、審査官に再入国出国記録とパスポートを提示し、「みなし再入国」を希望する旨を伝えます。

みなし再入国許可は期限の延長ができませんので、出国時に在留資格の有効期間が1年未満の場合は、有効期限が切れるまでに、再入国しなければ在留資格が失効してしまいますので注意が必要です。

 

 

メールでのお問い合わせ⇒こちらからどうぞ

お問合せはこちら

川田行政書士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)←事前の予約で対応できます。

ご相談予約は下記へ

お気軽にお問合せ下さい。

047-369-0529

080-1094-7642

お問合せフォームはこちら

新着情報

H30年7月13日

●自筆証書遺言の保管等に関する法律(平成30年7月13日公布)により、自筆証書遺言の保管が法務局でできるようになります。公布の日より2年以内に施行することですので、まだ、法務局に自筆証書遺言の保管はできません。今後、自筆証書遺言公正証書遺言かの選択肢が予想されます。
 

事務所地図

車1台分おけます。事前にご連絡ください。

松戸柏遺言・相続相談室
川田行政書士事務所

住所

〒271-0075
千葉県松戸市胡録台38-10

新京成線「上本郷」駅 徒歩5分
常磐線「松戸」駅 徒歩17分

アクセスマップはこちら

受付時間

9:00~18:00(土日祝要相談)

双方の都合があえば、土日祭日でも予約できます。

ご依頼方法はこちら

業務対象区域

<千葉県>
松戸市、柏市、我孫子市、
野田市、流山市、鎌ヶ谷市、市川、船橋

<東京都>
台東区、荒川区、足立区、
葛飾区、その他23区内対応

<神奈川県>
横浜市、川崎市

<埼玉県>
さいたま市、草加市、
三郷市、川越市

事務所概要はこちら

成年後見セミナー
遺言相続相談会

松戸市勤労会館にて。
定期的に開催してます。
お問合せください。

相談会のお知らせはこちら